「ビデオポーカー」日本で一世を風靡したビデオポーカーはカジノでも大人気ゲーム

ビデオポーカーはいつ生まれたのでしょうか?

ビデオポーカーvideopokerポーカー自体の歴史については諸説あり、はっきりしたことはわからないようです。ただ、1800年代中ごろには、現在の形に近いポーカーゲームが遊ばれていたとの記録が残っています。
それからおよそ一半世紀後。1970年代に入り、コンピューターの技術が発達してきたのにともない、一人で遊ぶタイプのビデオポーカーが誕生します。

80年代には日本にも積極的に導入され、主にゲーム喫茶と呼ばれる違法賭博営業所での稼働で人気を博しました(違法ですが、実際にお金が賭けられたからです)。また、ゲームセンターなどにも置かれるようになり、当時の日本での人気は相当なものでした。年配の方でしたら「ビデオポーカー」と言っただけで「ああ、あれか」とわかるはずです。それくらいオンラインビデオポーカーはじつはメジャーなカジノゲームなのです。

遊び方は一目瞭然。ポーカーの役を知っていれば簡単に覚えられます

ビデオポーカーでは5枚のカードが配られ、それで役を作っていきます。わかりやすいように実際の画面で説明していきますね。「オールアメリカン」はビデオポーカーではメインとも言える「ジャックスオアベター」系のゲームです。

ビデオポーカー「オールアメリカン」

まず、プレイヤーはベットの金額と何枚賭けか(5枚まで)を決めて「ディール」を押しゲームをスタートさせます。後で詳しく述べますが、この時には必ず最高額を賭けるようにしてください。そうしないと結果的に損になります。

ビデオポーカー「オールアメリカン」2

カードが配られ「ジャック」のワンペア以上の役ができている時は払い出しが期待できます。希望のカードを「ホールド」してその場に残しましょう。この場合はツーペアができていますので「3」以外はすべて「ホールド」です。

ビデオポーカー「オールアメリカン」3

「ホールド」しなかったカードだけふたたび配られて手役が完成します。そしてここからがビデオポーカーオンライン最大の醍醐味です。勝った金額をそのまもらう(コレクト)か、全額賭けて倍になるギャンブルに挑む(ダブル)か、半分だけもらい残りをギャンブルに賭ける(ハーフダブル)を選べるのです。
現在の賞金はたった1ドルですから「ダブル」に挑んでみることにしましょう。

ビデオポーカー「オールアメリカン」4

左端に一枚だけカードが表示されます。このカード以上のカードを残り4枚から選び出せばダブル成功です。

ビデオポーカー「オールアメリカン」5

ダブルが成功すると、さらにダブルに挑むか、ハーフダブルにするか、コレクトするかの選択ができます。
画面の左側を見てもらえればわかるように、このゲームでは2000ドルまでダブルができます。
つまり1ドルしか勝てなくても、ダブルを成功させ続けられれば2000ドル手に入れることが可能なのです。

しかし、じつはダブルは奥の手。勝つには別の戦略があります

日本でビデオポーカーが爆発的に流行したのはこの「ダブル」の機能のおかげでした。どこまでも倍になっていくお金を夢見て多くの人が遊んでいたのです。
ただ、実際にビデオポーカーで勝ちたいのでしたら「ダブル」はおススメできません。2分の1の確率で勝ち金が0になってしまうからです。

では、どうすれば勝てるのか。じつはビデオポーカーには勝ち方があります。というのも、ビデオポーカーのペイアウト率は異常なほど高いからです。その率じつに99パーセント以上、ゲームによっては100パーセントを超えるものもあります。

つまり、正しく狙っていけば、勝てるし、負けないゲームなのです。

ビデオポーカー「オールアメリカン」6

そのためのポイントをまずひとつ。

賭ける時は必ず5枚賭け、画面にある「最高額をベット」してください。これはよくベットマックスと誤解されるのですが、ベットマックスとはそのゲームで1回に最大どれだけ賭けられるかで、最高額はコインの枚数を最大5枚でいくということですのでご心配なく。

それでも賭け金が高いと思う場合は、コインの単価(デノミ)を低くすれば、賭け金を抑えることができます。

5枚賭けするのは最高の役、ロイヤルフラッシュが出た時の倍率がまったく違うからです。画面を見てもわかる通り、1枚賭けでは250倍ですが、5枚賭けなら4000倍になります。先のペイアウト率はこの5枚賭けをした場合ですので、必ず5枚賭けを徹底してください。

次に押さえておきたいのはカードの残しかたです。

  • ジャックのワンペア以上は「ホールド」
  • フラッシュ3枚は「ホールド」
  • 最初に配られたカードから常により高い役を目指してカードを残す

ゲームによってはフラッシュとストレートの倍率が違うところもありますので、その場合は高いほうの手を狙います。
あとはただひとつ

  • とにかくロイヤルフラッシュを引くのを待つ

仮に1回1ドルで遊んでいたとしても4000回以内にロイヤルフラッシュを引ければ確実にあなたの勝ちです。また、ゲームによってはジャックポット機能を搭載しているものもあります。この当選もロイヤルフラッシュとなっていますので期待しましょう。

オーソドックスなゲームだけにバリエーションも豊富です

ビデオポーカーには主に3種類の系統があると言われています。先ほどゲーム画面で案内した「ジャックオアベター系」とワイルドカードを含む「デュースワイルド系」、そして4カードに特化した「ダブルボーナス系」です。ゲームの名前から判断はつかないかもしれませんが、どれも基本的なルールは変わりませんのであまり気にしなくてもいいかと思います。

ビデオポーカー「デュースワイルド系」

「デュースワイルド系」ではこのようなワイルドカードが現れます。

ビデオポーカー「ダブルボーナス系」

「ダブルボーナス系」では4Aの倍率がとても高くなっています。

ほかにもジャックポットを搭載したゲームや、こんな感じの、

ビデオポーカー「Aces and Faces」

一度に何組ものカードを同時進行させるゲームなど、その種類は多彩です。どれも無料ゲームで体験できるようになっていますので、自分の気に入るゲームを見つけて、ビデオポーカーにチャレンジしてみましょう。


日本人におススメのオンラインカジノ

jackpotcity
レビュー
verajohn
レビュー
luckyniki-icon
近日公開
公式サイト

Comments are closed.

Back to Top ↑