Webanq(ウェバンク)の使い方をマスターしよう

口座は一度作れば、アップグレードする必要なし

logoウェバンク多くのオンライン決済サービスは、まずメールアドレスのみで簡単な口座を作り、その後でアップグレードするという形をとっていますが、Webanq(ウェバンク)では口座が一種類のため、そのような面倒な手続きは必要ありません。
その代わり、最初の口座開設の際に本人確認書類の番号を求められますので、あらかじめ準備しておくといいでしょう。

口座に入金する場合の方法と手数料
口座から出金する場合の方法と手数料

ウェバンク

トップページ中央にある「口座開設」をクリックして入力画面に進みます。

ウェバンク2

入力はすべて半角英数で行います。日本語入力には対応していませんので、ご注意ください。なお、秘密の質問は用意されたものの中から選びます。

ウェバンク3画面を下にスクロールすると、さらに個人情報の入力に移ります。ここでは身分証明書の番号を求められますので注意が必要です。
有効となる書類は「パスポート」「保険証」「運転免許証」のいずれか。
なお、運転免許証とパスポートの番号はそのまま入力すればいいのですが、健康保険証の場合、桁数が足りないケースがあります。
その場合は頭に必要な分だけ「0」を入れてください。
通貨はUSD以外は選べません。
すべて入力が終わったら、下にあるチェックボックスにチェックを入れ(通知のほうはチェックしなくてもかまいません)、「登録する」をクリックします。
ウェバンク4この画面が出てくれば口座の作成は完了です。PINコードがメールで送られてきますので、メールをチェックしてください。

ウェバンク5

届いたPINコードはメモしておくなど、何かに保存しておくことをおススメします。
以降は、メールアドレスとこのPINコードでウェバンクにログインすることが可能となります。

口座に入金する場合の方法と手数料

ウェバンク6

ウェバンクにログインすると、まずこのメニュー画面が現れます。ここで左にある項目から「入金」を選んでください。

振込先の情報が表示されますので、ここに入金したい金額を振り込みます。振込先は変更される場合もありそうなので、入金の際は必ずチェックするようにしましょう。
ジャパンネット銀行からの振り込みが便利になっているようです。ウェバンクを使用するなら、ジャパンネット銀行の口座を作っておくのも有効そうです。
なお、初回入金時には身分証の提示を求められることがあります。この場合はウェバンクより連絡がきますので、それに対応して必要な書類を提示してください。
手数料は無料ですが、振り込み手数料は別途かかります。

【入金方法】

・銀行振り込みのみ(手数料、無料。ただし振込手数料は自己負担)

口座から出金する場合の方法と手数料

ウェバンク8

出金する時は同じくメニューから「引き出し」を選びます。銀行への引き出しと電信送金での引き出しがありますが、電信送金のほうは引き出し手数料が49.99ドルと非常に高く設定されています。こちらはまず使わないと思っていいでしょう。
銀行口座の入力も半角英数で行います。書き方等は各銀行のHPに記載されていますので参照してください。
こちらも入金時同様、身分証を提示するよう求められる場合があります。
なお、手数料は2.49ドル。振り込み手数料はウェバンクのほうで負担してくれます。

【出金方法】

・銀行への引き出し(手数料、2.49ドル。振り込み手数料はウェバンク負担)
・電信送金(手数料、49.99ドル)

► オンラインカジノで入金・出金をするためにはどうすればいいの?


日本人におススメのオンラインカジノ

jackpotcity
レビュー
verajohn
レビュー
luckyniki-icon
近日公開
公式サイト

Comments are closed.

Back to Top ↑